初めての夜行バス!安いけど眠りにくかった – 東京弾丸旅行記1

2017年3月24日

夜行バス、ゴーゴーライナー

春休み、弾丸で友達と東京に行って、観光をした旅行記の1つ目です。

格安夜行バスで京都から東京へ

私の住む滋賀から東京へ行くには、様々な方法があります。
車以外だと、主に新幹線、バス、飛行機です。

今回は宿泊しなくても東京での滞在時間を長くできるのと、安く行けるという理由で夜行バスを使って行くことになりました。

夜行バスは安く予約

春休みということで、夜行バスは安いものでも、4000円以上はかかると予想していました。
しかし、乗車1ヶ月ほど前に楽天トラベルでゴーゴーライナーという夜行バスが3300円でとても安かったので、すぐに予約しました。次の日には、売り切れていたのでラッキーでした。

オススメ高速バス・夜行バス・はとバス予約・比較【楽天トラベル】旅行

やはり夜行バスは眠りにくかった

今回乗ったのは、ゴーゴーライナーという夜行バスで、乗車場所は京都駅八条口付近のバス乗り場でした。

夜の京都駅大階段

車内の写真はありませんが、普通の観光バスのような4列シートで、満席なのもあって窮屈でした。

夜行バスに乗るのは、今回が生まれて初めてなのですが、夜行バスが寝にくいものだということは分かっていました。
ですが、バスで眠れないと、翌日の東京観光に支障が出てしまいます。そこで、夜行バスで眠れるようにいろいろ工夫してみました。

  • 前日の睡眠時間を短めにする。
  • 日中、昼寝をしない。
  • アイマスクやネックピローを持っていく。

リクライニングできない雰囲気

バス乗り、早速寝るために座席を倒そうとしました。しかし、周りにリクライニングをしている人はいなかったので、リクライニングをしづらい雰囲気でした。
結局、リクライニングをせずに寝ましたが、眠るまでに時間がかかりました。

起きたのは東京ではなく滋賀県

目が覚めて、東京にしては暗いなと思ったら、まだ新名神高速道路中の土山サービスエリアでした。

土山サービスエリア

ほとんどの乗客が降りていて、サービスエリア内のコンビニに行く人も多かった感じです。

バスが停車するごとに起きてしまう

その後も、バスは新東名高速道路の長篠設楽原パーキングエリアと東名高速道路の鮎沢パーキングエリアに止まりましたが、どちらでも目を覚ましてしまいました。

新東名高速道路の長篠設楽原パーキングエリア

東名高速道路の鮎沢パーキングエリア

一回起きると、また眠るのに時間がかかるので、それが辛かったです。

少し早めに東京到着

気づいたときには、新宿駅のバスターミナル「バスタ新宿」に到着していました。

JR新宿駅

途中、高速道路で渋滞もありましたが、予定よりも少し早めに到着していました。

ポクくんのまとめの一言

初めての夜行バス利用は、寝づらかったけどそれでも5時間以上眠れたし、なによりも安かったので良かったと思います。
今度は、もっと座席の広い夜行バスも使ってみたいです。

オススメ高速バス・夜行バス・はとバス予約・比較【楽天トラベル】旅行

続きの旅行記