高校生でもクレジットカードは作れるよ!ポイントが溜まって支払いも楽!

高校生でもカードは作れる

クレジットカードは高校卒業後・18歳以上じゃないと作れないと思っている人も多いと思います。しかし、実は中学生や高校生など18歳未満でも作ることができます。厳密に言えば、作れるのはデビットカードやプリペイドカードなのですが、使い勝手はクレジットカードとほとんど変わりません。

私も中学生の頃にはデビットカードやプリペイドカードを発行し、高校生となった今では支払いのほとんどにデビットカードやプリペイドカードを使用しています。カードを使うと現金要らずで支払いも楽ですし、ポイントも溜まってお得です。

私の発行したデビットカードとプリペイドカード
多数のデビットカード・プリペイドカードを発行しました
(個人情報部分は加工済み)

そこで、今回は中学生や高校生や作れるクレジットカード(デビットカードやプリペイドカード)について紹介したいと思います。

高校生でもカードは作れる!

純粋なクレジットカードは発行不可

クレジットカードは利用者が買い物で支払った後、後日銀行口座から利用者が使った分の代金をまとめて引き落とすという仕組みになっています。言わば後払いの支払いシステムです(これは一時的な借金ともいえます)。

クレジットカードの仕組み
画像引用:クレジットカードの仕組みとメリットとは? |クレジットカードの三井住友VISAカードより

そのため、利用者には後から必ず支払うという信用が必要となります。18歳未満にはその信用がないと見なされているため、クレジットカードの発行は不可能です。

留学等で必要な場合、18歳未満でも家族カードの発行が認められることはあるようです。

デビットカード・プリペイドカードとは?

信用が不要なので18歳未満でも発行可能

クレジットカードによく似たカードとして、デビットカードとプリペイドカードがあります。それぞれ、クレジットカードとは代金の支払い方式が異なります。

デビットカードは同時払い(即時払い)方式で、買い物で支払いをすると同時に銀行口座から代金が引き落としされる仕組みになっています。銀行口座の預金残高が不足すると支払いはできなくなります。

プリペイドカードは前払い(先払い)方式で、買い物をする前にお金をチャージしておき、買い物の時にその残高から支払われるという仕組みです。SuicaやICOCAなどのICカードの仕組みとよく似ています。

クレジットカードの後払いと異なり、デビットカードとプリペイドカードもあらかじめあるお金を使うことになるため、信用は必要ありません。そのため、審査も無く中学生や高校生でも発行可能です(カードによっては年齢制限があります)。

デビットカードとプリペイドカードは使いすぎを防げるという面でも優れているので、18歳以上の人のもおすすめです。

デビットカードとプリペイドカードの入金方法

デビットカードを作る時は基本的に銀行口座とセットで作ることになります。そして、支払い時にはその銀行口座から支払われることになります。ですから、支払い前には銀行口座にお金を預けておく必要があります。

プリペイドカードは会社によって入金方法が異なりますが、銀行口座からチャージや現金を使ったコンビニでのチャージが一般的です。

使い勝手はクレジットカードと同じ

デビットカード・プリペイドカードは代金の支払い方式以外は、クレジットカードとほとんど違いはありません

お店で使うときも「カードで」と言って、暗証番号入力やサインをすれば、クレジットカード同様に決済できます。ネットショッピングでも、カードに書かれている番号や有効期限を入力すれば、こちらもクレジットカード同様に決済できます。

使えるお店もクレジットカードと変わらず、クレジットカードの使える店ならデビットカードやプリペイドカードも使えます。ただし、携帯電話の料金支払いなどデビットカードやプリペイドカードの使えない場合も一部あります。

Amazon楽天市場での買い物でも、もちろん使用可能です。

カードのメリット

私は日常的にデビットカードとプリペイドカードを使っているのですが、現金払いと比べたときに私が感じているメリットを紹介します。

支払いが楽

カード支払いだと、わざわざお札や小銭を数える必要も無く、財布からカードを取り出すだけなので楽です。特にコンビニなんかでは、暗証番号の入力やサインが省略されているので、カードを出すだけで支払い完了です。

また、インターネットショッピングではコンビニや銀行に支払いに行かなくても、カード番号を設定しておけば、クッリク一つで買い物ができるので本当に楽です。

たくさんポイントが付く

デビットカードとプリペイドカードでもクレジットカードのようにポイントが付きます。ポイントの分、現金払いよりも得です。

例えば後に紹介するLINE Payカードは2%という破格のポイント還元率があります。すべての商品が実質2%引きで買えるということなので、使わないのは損でしかありません。

海外で便利

海外で買い物する時にはデビットカードやプリペイドカードを使うことで、現地通貨がなくても決済できます。そうすると面倒くさくて手数料も高い両替を回避できます

後で紹介するSony Bank WALLETは海外決済時の手数料が他のどのカードと比べても激安なので、特におすすめです。私も実際にアメリカ旅行の時に使ってみましたが、トラブルもなく便利でした。

また、海外で多額の現金を持ち歩くのは危険ですが、デビットカードやプリペイドカードなら盗難時の補償もあるので持ち歩きやすいです。

おすすめデビットカード&プリペイドカード

デビットカードやプリペイドカードにはたくさんの種類があります。その中でも、私が実際に使っていて、おすすめできるものを紹介します。

ポイントが溜まりまくるLINE Pay カード

私が最もおすすめするのは「LINE Pay カード」です。実際、私のメインカードとして大活躍しています。

LINE Payカードのデザイン
カードデザインはたくさんあり、発行時に自由に選択可

発行手数料 0円
年会費 0円
還元率 2%!
年齢制限 無し!

ポイント還元率がすごい

LINE Payカードのポイント還元率は常に驚異の2%
これは私の知っている範囲内では、どのクレジット・デビット・プリペイドカードよりも高い数字です(普通の還元率は0.2~1%程度)。

実際私は他サービスで貯めた分も含めて、1年半で17551ポイント(17551円分)貯めています。

LINE PayカードはとにかくLINEポイントが貯まる
LINEスタンプなら約150個も買えちゃえます!

溜まったLINEポイントは、1ポイント=1円としてLINE Pay残高に交換することもできますし、各種ギフト券への交換やLINEスタンプ購入に使うこともできます。

発行やチャージが簡単

LINE Pay カードはLINEアプリから住所・名前を入力して、カードの柄を選ぶだけで発行手続き完了です(発行は無料)。普通カード発行手続きは15分位掛かりますが、LINE Pay カードは30秒で発行完了するのがすごいです。カードは申込みから1週間〜2週間で送られてきます。

身分証明書などによる本人確認も不要です!ただし、本人確認することで使用可能額が増えます。

カードの設定や使用履歴の確認もLINEアプリ上でできます。

そしてチャージ方法ですが、私の場合コンビニのレジやATMでチャージしています。事前手続き無しでもチャージできるので便利です。

そして、銀行口座からのチャージも可能で、オートチャージを設定しておけばチャージする手間を省けます。

デビットカードの中で突出している楽天デビットカード

デビットカードの中で最もオススメなのは楽天銀行デビットカード(JCB)です。特にポイント還元率で他のデビットカードよりも突出しています。

楽天銀行デビットカード
パンダ柄も選べます

発行手数料 0円
年会費 0円
還元率 1%
年齢制限 16歳以上

年会費無料で高いポイント還元率

デビットカードは全体的に還元率が低めで、還元率0.2%と言うようなカードもたくさんあります。
そんな中でも、楽天銀行デビットカード(JCB)は1%という高い還元率を誇っています。

また、楽天はキャンペーンも多く開催しているので、それらに参加することで更に多くのポイントを貯められます。

楽天銀行デビットカードのキャンペーン
楽天ポイントが貰えるキャンペーンが多いです

溜まった楽天ポイントは楽天市場だけでなく、マクドナルドなどの実店舗などでも幅広く使えます。

海外なら絶対Sony Bank WALLET

海外で使うならSony Bank WALLETが最強です。

Sony Bank WALLET
デザインもオシャレです

発行手数料 0円
年会費 0円
還元率 0.5%
年齢制限 15歳以上

VISAデビットなのに年会費無料

VISAカード
世界的にはJCBよりもVISAの方が優れる

VISAデビットカードは年会費が有料なことが多いですが、Sony Bank WALLETは無料です。

VISAのメリットとして、世界で最も使われているカードブランドなので、世界中ののあらゆる場所で使えるという点があります。これまで紹介したカードはJCBでしたが、JCBは日本以外では使えない場所も多いです。

海外決済時の手数料が安すぎる

海外通貨でカード決済するときには手数料がかかります。普通のカードなら1.5~3%ぐらいが相場で、さっき紹介したLINE Payカードは4%もの手数料が必要です。

Sony Bank WALLETでは、外貨普通預金口座を開設しているだけ(入金は不要)で、海外ショッピング手数料が無料になります。為替手数料はかかりますが、米ドルならたった0.15%なのでめちゃくちゃ安いです。(ただし海外利用時はポイントが貯まらない)

実際私もアメリカ旅行でお土産購入時にSony Bank WALLETを使ってみたのですが、13ドルの決済で手数料はたった3円ほどでした。

ポクくんのまとめの一言

中学生や高校生でもデビットカードやプリペイドカードを発行すれば、お得で便利に買い物をできます!
ちなみに最初の一枚としては、気軽に発行できて扱いやすいLINE Payカードがおすすめです。