【悪用厳禁】偽の遅延証明書作成ツールを作ってみた

待ち合わせに遅刻した時に、「電車が遅れていたんだ」と言い訳ができるように、偽物の遅延証明書作成ツールを作ってみました。全国のどんな鉄道・バス路線でも簡単に本物っぽいけど偽物の遅延証明書が作れます。

偽の遅延証明書作成ツールを作ってみた

構想30秒・作成5時間

遅延証明書ツールを作るきっかけは、JR西日本のWeb遅延証明書を見たこと。そこから私は、偽物の遅延証明書を作れば遅刻の言い訳にできると思いつき、偽遅延証明書を作り始めました。

私が偽物の遅延証明書に求めたのは、その場で簡単に日付や路線を設定できて、本当にありそうなデザインであること。まあ、真面目な用途で使うことは考えていないので、実際の遅延証明書に完璧に似せるようなことはしていません。

作成自体はめちゃくちゃ難しいものではなく、5時間ほどで完成したと思います。

偽の遅延証明書ツールを使ってみる

需要があるかは分かりませんが、このツールを一般にも公開します。

使い方としては、次のフォームに鉄道会社・路線を入力し、遅延時間などを選択して、「遅延証明書を発行する」を押すだけです。

偽の遅延証明書ツール

偽の遅延証明書の作成例

各社の実際の遅延証明書を参考に作ったので、それらしい感じにはなっていると思います。

遅延証明書
※架空の会社名・路線名を用いています

上級者向けですが、遅延証明書のURLを変更することで、より詳細な遅延時間を表示することもできます。

遅延証明書
昭和38年の豪雪により、急行「越路」が106時間31分遅延したそうです

偽遅延証明書の注意点

  • ネタで作ったので、クオリティは高くありません。どうぞネタ用途で使ってください。
  • もちろんですが、公式のものではないので、会社や学校に提出することはできません
  • 作った遅延証明書のスクショなどをSNS等で公開していただくのは自由です!

ポクくんのまとめの一言

よく考えたら、私は自転車での移動がメインなので、遅延証明書を言い訳に利用することはできないですね。また、使えないものを作ってしまった・・・