【徹底比較】快速マリンライナーの座席はどれがオススメ?

2018年1月20日

マリンライナーの座席はどれがオススメ?

岡山・高松駅間を瀬戸大橋を渡って結ぶ列車として、「快速マリンライナー」があります。

そのマリンライナーには、自由席・指定席・グリーン席・パノラマ席の4種類の座席があります。
それぞれ値段や設備が異なっているので、どれに乗るべきか迷う人もいると思います。そこで、私が実際に乗り比べして、それぞれの座席を比較してみました。

快速マリンライナーの座席はどれがオススメ?

快速マリンライナーについて

快速マリンライナーは岡山駅から瀬戸大橋を渡り、高松駅まで走る快速列車です。

基本的に1時間に2本運行され、岡山駅で山陽新幹線との接続が考慮されているので、新幹線から乗り継いで利用しやすいです(岡山駅乗り継ぎ時間目安は15分)。

途中の主な停車駅は茶屋町・児島・坂出と少なく、特急列車並みの速度で走行します。実際、71.8kmある岡山・高松間を最速52分間で走行します。ちなみに、早朝深夜は停車駅が増えたり、騒音抑止のために速度を落として運転するため、所要時間が延びます(60~70分)。

マリンライナーの走る瀬戸大橋線の路線図
画像引用:列車編成│快速 マリンライナー 223系・5000系:JRおでかけネットより

マリンライナーに使われているのは、5000系と223系が連結した5両編成の車両です。高松方向先頭の2階建て車両にパノラマ席(パノラマシート)・グリーン席・指定席があり、それ以外の車両は自由席という感じになっています。

グリーン席と指定席は先頭の2階建て車両に集結

追加料金不要な自由席

マリンライナーは快速列車であるため、自由席利用なら乗車券だけで乗車できます。青春18きっぷの利用も可能です。

自由席の座席はJR西日本ではよく見られるクロスシートで、1時間程度の乗車なら十分快適だと思います。

JR西日本の快適なクロスシート
JR西日本の快適なクロスシート

この自由席の注意点としては、マリンライナーは常にそこそこ混雑しているので、必ずしも座席に座れるとは限りません。また、通勤時間帯は身動きができないほど、混雑が激しくなることもあるようです。

自由席に座りたければ、始発駅(岡山・高松)で早めに座席を確保するのがベストだと思います。

必ず座れる指定席

マリンライナーの指定席の値段は基本520円ですが、閑散期は200円安くなって320円です。青春18きっぷでも、指定席券さえ買えば乗車可能です。

指定席は先頭車両の1階部分にあり、新幹線や特急の普通席から少しグレードダウンしたような座席です。

マリンライナーの指定席
手前の座席はフルでリクライニングさせています

もちろん、先程の自由席よりは座り心地は良いですが、リクライニングは気持ちばかりということもあって、めちゃくちゃ快適というわけではありません。テーブルもありません。

また、1階席ということで視点が低く展望はあまり期待できません。見どころの瀬戸大橋に関しても、防音壁に遮られて景色を楽しめない部分がありました。

それでも、指定席は低価格で必ず座れるという面では、追加料金を払う価値があるように思えます。

乗り心地の良いグリーン席

マリンライナーのグリーン席の値段は、50キロまで770円、それ以上が980円です。例えば、岡山・高松なら980円、児島・高松なら770円です。青春18きっぷでは乗れないので注意が必要です。

グリーン席は先頭車両の2階部分にあり、新幹線や特急の普通席と比べて多少良い感じの座席です。しかしながら、グリーン席だからといって、新幹線や特急のグリーン席と比べると劣ってしまいます。

マリンライナーのグリーン席
画像引用:車内案内│快速 マリンライナー 223系・5000系:JRおでかけネットより
マリンライナーのグリーン車
2階席ということで、天井が低く、飛行機に乗っているような気分です

先程の指定席と比べても、シートピッチは広くてリクライニング角度も大きいので、差別化されている印象です。自由席になかったテーブルもあります。

2階席ということで展望も良く、特に瀬戸大橋区間での車窓は見晴らしが良く最高です。

前面展望が最高のパノラマ席

パノラマ席(パノラマシート)は、マリンライナーの先頭車の一番前、運転室後ろにある展望が楽しめる4席だけのシートです。

グリーン席という扱いなので、グリーン席と値段は同じです。また、座席もグリーン車とほとんど同じものですが、テーブルは小さいインアーム式のものです。

パノラマ席は予約システム上は通常のグリーン席とは別になっているので、座席の指定時には注意が必要です。また、高松方面のパノラマ席は人気なので、早めの指定がおすすめです(指定席券は1ヶ月前からの発売です)。

マリンライナーのパノラマ席での前面展望
瀬戸大橋区間での前面展望は、とても美しくて面白い

私はA席に座ったのですが、前には運転席があるために、前面展望は少し見にくかったです。空席さえあれば、前に運転席がない方のC席・D席がおすすめです。

また、前面展望の楽しみにくい岡山方面への乗車や夜間の乗車でもパノラマ席はおすすめです。そのような場合、4席だけの空間を独占できる可能性が高いからです。

マリンライナーに数回乗車した中でも、車内改札(指定券の確認)がある時と無い時があったので不思議に思ったのですが、どうやら乗車1時間前までに指定席券を発券した場合、車内改札は省略されるようです。

快速マリンライナーの座席比較

自由席・指定席・グリーン席・パノラマ席について、表で比較してみました。料金は、岡山・高松間(通常期)で計算しています。

自由席 指定席 グリーン席 パノラマ席
特別料金 0円 520円 980円 980円
料金 1510円 2030円 2490円 2490円
着席保証 ×
座り心地
景色

とりあえず座れれば良いという方は、早めに自由席を確保するか指定席を取るのがおすすめです。

個人的には、観光で乗車するときには是非パノラマ席に乗ってほしいです。瀬戸大橋区間の前面展望は一度は見ておくべき絶景です。

快速マリンライナーに安く乗る方法

まず、乗車券ですが、岡山・高松などの主要区間は、岡山駅や高松駅の金券ショップで1割引ほどで発売されています。また、往復する場合やそれ以外の区間でもJRの普通列車を使う場合は、青春18きっぷなどのフリーきっぷの利用もおすすめです。

そして、指定席券ですが、JR西日本のネット予約サービス「e5489」のチケットレス特急券を使うと安くなります。例えば、岡山・高松間の指定席券は常に320円(200円割引)となります。
また、J-WESTカード会員専用の、eチケットレス特急券はさらに安いです。岡山・高松間の指定席が210円、グリーン席が460円となり、ともに半額以下です。

私の場合はグリーン車にも乗り放題のJR四国のフリーきっぷ「バースデイきっぷ」を使って、マリンライナーのグリーン席や指定席を乗り比べしました(※バースデイきっぷでは、JR西日本管内の岡山・児島間には乗車できません)。

ポクくんのまとめの一言

快速マリンライナーは用途に合わせて、乗る座席を選べるのが良いですよね。是非、瀬戸大橋を渡るときには乗ってみてください。