新幹線は一区間(隣駅まで)の自由席が格安!

2017年5月21日

新幹線では、一区間、つまり隣駅までの特急料金(自由席)が割安に設定されています。
それを利用して、格安で速く快適に、米原駅から京都駅まで移動してみました。

新幹線は一区間の料金が割安

一区間には特定特急料金が適用

新幹線で一区間だけの自由席乗車に、特定特急料金が適用されます。特定特急料金は、860円もしくは980円と通常の特急料金に比べて、割安になっています

これは、かなりお得だと思うのですが、「知らなかった」という人も多いと思います。私もこれを知ったのは、結構最近です。

なぜ一区間が格安なのか(推測)

一区間では、在来線でもそこまで時間も変わらないので、「安い在来線を使おう」と言う人が多くなってしまいます。そうした人にも新幹線を使ってもらおうと言う意図で、一区間の料金を安くしているのではないでしょうか。

オトクな区間の条件

特定特急料金の値段は固定なので、一区間の距離が長いほどお得に、距離が短いとお得度は下がります

例えば、東京から上野ならわずか4km弱しか無く、新幹線よりも快速のほうが速いこともあります。この区間で、特急料金を払ってまで新幹線を利用する価値は、ほとんどありません。

米原・京都間をお得に利用してみた

米原駅・京都駅間を特定特急料金で移動してみました。米原・京都間は、特定特急料金が適用される新幹線の中で一区間が最も長いので、とてもお得です。

米原・京都間の新幹線特定特急券は980円
たった980円です!
ひかり号・新大阪行き
ひかり号・新大阪行き
N700系の座席
GW中ですが、新大阪終点なので、すいていました

米原・京都間は、距離が長いと言っても、新幹線ならたった20分です。
この間には、在来線の新快速(快速列車よりも速い)も走っていますが、それでも約1時間かかりますし、米原駅の在来線ホームはとても混雑していて、全く座れそうにありませんでした。

米原・京都間と、時間・距離ともに似ている米原・名古屋間の特急料金は1730円と、高めです。(間に岐阜羽島駅があり、特定特急料金が適用されないため)

ポクくんのまとめの一言

短い区間でも、安く速く快適に移動したいというときには、特定特急料金の制度を使うのがおすすめです!