国会の本会議場を見れる!国会を内部見学してきました – 東京弾丸旅行記2

2017年3月25日

春休み、弾丸で友達と東京に行って、観光をした旅行記の2つ目です。

テレビや新聞などでよく見る、国会議事堂の見学に行きました。

国会(衆議院)を内部見学しました

新宿に着いて、友達と合流して朝ごはんを食べた後に、東京メトロ丸ノ内線の国会議事堂前駅で降りました。

国会前には報道陣とたくさんの警察官

その日、国会では森友学園の籠池理事長の証人喚問が実施される予定でした。そのため、国会前には報道陣と警察官がたくさんいました。カメラマンが多かったので、籠池氏の車が国会に入ってくるのを待ち伏せしていたんじゃないかと思います。

国会前には報道陣と警察

国会見学は衆議院と参議院から選べる

国会の見学は無料で、衆議院と参議院から選べます。両方参加するのも良いですが、そんな時間もないので、本会議場の見学ができる衆議院の方にしました。

参加についての詳しくは、公式サイトを見ていただくのが一番だと思います。

国会で本会議が行われるときなどは、見学できないので注意です。

国会見学がスタート

10時の会に参加するため、私たちは9時45分に受付しました。始まるまでは、国会の地下にある大きな部屋で待ちました。

そして、荷物検査を受けてから、見学が始まりました。(見学のことを参観とも言うそうです。)
参加していたのは、私達含めて10人ほどで少なめなので、30分ほどで終わるだろうと案内人の方が言っていました。(サイトには50分と書かれています。)

テレビなどでも見る本会議場には感動

国会見学では、基本カメラは使用できないのですが、本会議場では使うことができました。

国会議事堂本会議場

国会議事堂本会議場

テレビなどで、よく見る光景が目の前に広がっていたので、とても興奮しました。
上から見る形だったので、そこまで大きくは見えませんでしたが、実際はかなり大きいそうです。

内部はかなり立派

国会のほとんどは大理石などの石材でできていて、床には赤いカーペットが敷かれており、天井にはステンドガラスがありました。1930年代に完成したとは思えない、とても立派な作りでした。

国会は石垣の石灰岩が使われているなど、日本各地から資材を集めてつくられたそうです。

最後は正面から出てくる

受付して入ったのは国会の裏側でしたが、出てくるのは表側でした。

通常、国会は門越しにしか写真を撮れませんが、ここでは国会の敷地内から写真を撮れます。

国会議事堂

近くから見て、改めて国会は大きいと感じました。

ポクくんのまとめの一言

1時間ほどあれば、事前予約不要・無料で参加できるので、国会見学はとてもおすすめです。

続きの旅行記