ハリウッドのユニバーサルスタジオは日本のものとはまるで違う! – 米西海岸旅行記コラム

2017年6月11日

ユニバーサルスタジオ・ハリウッドの地球

ラスベガスからのロサンゼルス日帰り観光中に、ユニバーサルスタジオ・ハリウッド(Universal Studios Hollywood)に行ってきました。

ユニバーサルスタジオ・ハリウッドは最高!

ユニバーサルシティウォーク

詳しくは、以下の日記内で書きました。

俳優さんがいました

ユニバーサルスタジオ・ハリウッドの入場口前に、俳優さんと思われる人がいました。というのも、父が海外ドラマでこの人を見たことがあると言うのです。

ユニバーサルスタジオ前にいた俳優
何かのテレビ撮影でしょうか? 後ろに爆弾があるのが気になる

後から調べたところ、俳優さんの名前は「ジョー・マンテーニャ」だそうです。

ジョー・マンテーニャ(Joe Mantegna
ジョー・マンテーニャ(Joe Mantegna)

地球は簡素な感じ

日本のユニバーサル前にある地球は、カラフルですが、ハリウッドの地球は質素な感じでした。
本来の地球の回り方と逆(東から西へ回る)というのは、こちらでも一緒です。(おそらく、順に文字が読めるようにするため。)

ユニバーサルスタジオ・ハリウッドの地球
金属だけでできている感じです

入場料は高め・ネットで事前購入がおすすめです

ユニバーサルスタジオ・ハリウッドの入場料は120ドル!(私達の行った時点で13500円くらい)
日本のユニバーサルスタジオの入場料も年々値上がりしてるとは言え、7000円ぐらいなので、とても高く感じます。

下の公式サイトから、ネットで事前購入しておけば、多少安い(私達の行った日は105ドル)です。また、当日チケットを買う必要が無いのでおすすめです。

ユニバーサルスタジオ・ハリウッドの門
事前購入しといたので、送られてきたバーコードを見せるだけで入場できました

スタジオツアーには高い入場料以上の価値があった

まずは、スタジオツアーというアトラクションです。これは、実際の映画で使われる映画セットをトラムで見て回るものです。

スタジオツアー
人気アトラクションですが、わずか5分待ち
ハリウッドでは、全体的に待ち時間が少なめです。(特に午前中)

5分待ちとなっていましたが、並ばずにすぐにトラムに乗れました。

スタジオツアーのトラム
トラムは確か3両でした

トラムには、モニターが付いていて、運転手さんが解説をしてくれます。英語なので、私はほとんど聞き取れませんでしたが、見るだけで十分に楽しめました。

これまでのユニバーサルスタジオの全ての映画の看板
撮影所のある所まで坂を下っていきます
左右には、これまでのユニバーサルスタジオの全ての映画の看板が

坂を下ると、たくさんの映画の撮影所が並んでいます。

映画撮影所
中でどんな映画を撮影してるのだろう

しばらく行くと、実際の映画セットがあります。建物に見えるものは、実際には絵の塗られた大きな板であったことには、驚きました。
モニターには、これらのセットが使われた、実際の映画のシーンが出てきます。

「バック・トゥー・ザ・フューチャー」に出てくる時計台のセット
おそらく「バック・トゥー・ザ・フューチャー」に出てくる時計台のセットかな

この後にトラムはある建物に入っていきます。この建物の中では「キングコング360 3-D」というアトラクションがあります。
このアトラクションは3Dなだけでなく、トラムが動いたり水がかかってきたりして、とても迫力があり面白かったです。

トラムは、更にどんどん進んでいきます。

映画に出てきた車
映画に出てきた車
映画に出てきた車
ジュラシックワールドの車は、見覚えがあります

突然雨が降ってきて、大量の水が流れてきました。

大量の水がバスを襲う
大量の水がバスを襲う

また、建物に入ったと思ったら、そこは地下鉄の駅のセットでした。

地下鉄ホームのセット
地下鉄ホームのセット

道路が壊れてタンクローリーが落ちてきたり、大量の水が流れ込んでくるなど、かなりハチャメチャでした。

地下鉄ホームのセット・タンクローリーが地下に落ちてくる
タンクローリーが地下に落ちてきて、火災発生!
地下鉄ホームのセット・水が入ってくる

まだまだ、スタジオツアーは続きます。

ジョーズ
ジョーズ!
ウィステリア通り
きれいな住宅街
昔あったTOYOTAのCMは、このウィステリア通りで撮影されたそうです
かわいい建物
かわいい建物
死体を車に運び込む人
死体を車に運び込む人が!
ナイフを持って、トラムの後を追ってきたので怖かった

この後、宇宙大戦争で使われた飛行機の残骸がありました。(私たちは右側の席に座ったので、写真はうまく撮れてません)
そして、最後に「ワイルド・スピードースーパーチャージ」という、3Dアトラクションがあり、スタジオツアーは終了です。

スタジオツアーは約1時間に及ぶボリューミーなアトラクションで、これだけで高い入場料を払う価値があると感じました。

ユニバーサルスタジオ・ハリウッドのアトラクションは凝縮されてる

ユニバーサルスタジオ・ハリウッドは、面積のほとんどを撮影スタジオが占めているので、遊園地としてみれば小さめです。アトラクションも15つほどしかありません。(USJは50つ以上あるかと思います。)
しかしその小さい中でも、とても中身の詰まった感がありました。

ミニオンランド
私達が行った時は、ミニオンランドは、まだ日本にありませんでした。
ハリウッドにあるアトラクションの半分くらいは、日本にもある感じでした。
その中でも、ジュラシックパークはハリウッドのほうが濡れ方がすごいのだそう。(但し、乾燥しているロサンゼルスではすぐに乾いちゃうので、合羽を着ている人は皆無でした。)

ポクくんのまとめの一言

ユニバーサルスタジオ・ハリウッドは、あくまでも映画撮影所であって、遊園地はおまけ程度だと感じました。それが日本のユニバーサルとの大きな違いだと思います。
とにかく、スタジオツアーは絶対におすすめです。